クルマのライトの進化について

クルマのヘッドライトも時代と共に進化をしてきました。

今でも使われていますが30年ほど前は「ハロゲンライト」が主流でありベージュ色の光で、今ではやや明るさに欠ける光量ですが、低コストなのが魅力です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23153517_m.jpg
1990年代に入るとHID(エイチ・アイ・ディ High-Intensity Discharge)ランプが登場して市場を席捲し始めていきました。
もともとは水銀灯の技術を応用した発光方法で自動車に使用できる様にする為に、瞬時に点灯できる構造となっています。

また、HIDはハロゲンに比べて明るさは約3倍・寿命は約4倍・消費電力は約半分であり、点灯初めの発光色が蒼白くカッコ良く光るのも、魅力の1つで人気を博しました。

ハロゲンからHIDに交換するKITなども発売されていましたが、当時は10万円前後と非常に高価な品物でした。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4095651_m.jpg

時代と共にHIDも普及し始めて、価格も下がってきましたが電球本体に水銀を使用している物が大半であり、環境への配慮の観点からも、2010年前後からLEDを使用したヘッドライトへのシフトが始まったのです。

量産市販車においてLEDヘッドライトを世界で最初に搭載したのは、LEXUS LS600hでコイト製の3連小型プロジェクタライトは目を見張るものでした。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-1.jpg

以降、現在に至るまでに急速にLEDライトは普及が進んでいます。

また、比較的安価でハロゲン球からLED球に交換できる交換バルブなども、豊富な種類で発売され始めてきています。

JA384(H4タイプ/6,500K)        JA233(T10タイプ/6,500K)
私たちのお店ではLED商品の点灯ディスプレイを備えておりますので、実際にお客様の目で明るさや色合いを確認してから、気に入った商品の取付け・交換作業を行う事も可能です!

最近、「夜道が見づらい」と感じている方はお気軽に店舗までご相談下さい。

交換前(ハロゲンバルブ点灯時)               交換後(LEDバルブ点灯時)

また、近年ではヘッドライトのレンズ部の素材がガラスから樹脂製に代わってきており、その影響で新車から数年経過した車両では、レンズに付いた汚れや紫外線の影響で黄ばんでいる車両をよく見かけますね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b.jpg

ヘッドライトレンズを交換しないとダメなの?と諦めかけている方も多いと思いますが、オートバックスではその様な汚れを落とすクリーナーを販売しておりますので、ぜひ1度お試しになって頂くと良いかもしれません。

【おすすめ商品】KURE LOOXヘッドライトクリア&プロテクト
税抜:1,799円(税込:1,978円)

従来品は研磨剤の製品が主流で「磨き削る」と言う方法で汚れを除去していました。
その為、初心者の方ではやや難易度が高く、また小傷が発生してしまう事もありましたが、この製品は汚れを浮かして落すのが特徴で、擦らなくても施工可能なので簡単に作業ができます!

また、キレイにしたレンズへ汚れが再付着する事を防止するコート剤も付属していますので、キレイな状態を長続きさせる事ができるのがおススメのポイントです!

2022年2月4日